151 ビュー

Blog ブログ

なんで、私が プロコーチに⁉

こんにちは。
LifeTraverseチーフコーチの黒岩です。
ブログを読んでいただき
ありがとうございます。

タイトルは、
某予備校のキャッチコピーから
とらせていただきました。

「なんで、私が、医学部に⁉」
的な広告、ご存じの方も多いと思います。

さて、
なぜ私はコーチングを
仕事にしているのか?

今回は、なにがきっかけで
人生が変わるかわからないというお話です。

特にコーチングに出会ってしまった私は、
おそらく通常より
大きな変化を経験しています。
ではいってみましょう。

どこでコーチングに出会ったか

はじめてコーチングという言葉を
知ったのは2018年3月でした。

当時は電通で法人営業をしていましたが、
社内研修の一環でGoogleさんを
訪問した時のことです。

人事部長さんが
Google社の組織文化と
育成マネジメントについて
講義をしてくれました。

ここでGoogleのマネージャーは
コーチングでマネジメントしている
こと知りました。

印象的だったのは、
コーチングとはアドバイスをせず
本人の中にある意識を引き出し、
本人が決めた行動を
後押しするという点でした。

そういうマネジメントが
あることを知らなかったので、
とても驚いたのを覚えています。

創業から20年足らずで
世界を制したGoogle社の組織や人事、
採用や育成手法は注目されますよね。

私もその後何冊か本を読みましたが、
「心理的安全性」があるチームが
成果を出す独自調査結果を報告していたり、
実践を理論化して公表する文化も
興味深いですよね。

ちなみに、私がおすすめする
Google関連本はこちらです。

How Google Works
WORK RULES!
1兆ドルコーチ

すみません、
すっかりGoogleさんのファンに
なってしまったので脱線しました。

お伝えしたかったのは、
破壊的イノベーションで
地球に君臨するgoogle さんの組織作りにも、
コーチングが活かされているという点です。

なぜコーチングを学んだか

2020年、電通にいた私は
希望して人事部門に異動します。

ここで人材開発担当マネージャー
になるですが、人事領域で仕事するのは
全くのはじめてです。

人に学べというならまずは自分からと、
気負って様々な講座やスクールに
通いはじめます。

その時、Googleで知った
コーチングを思い出しました。

ずっと頭の中に残っていたのでしょう。
調べると、
最大手のコーチ・エィの受講料は
1年半で165万円でした。

仕事に活かしたいという動機はもちろん、
自身のコミュニケーション能力の開発が
人生の課題だと思っていた私は、
すでに学びの鬼になっていたこともあって、
その高額なスクール費用をエイヤで入金し、
通い始めます。それが2020年4月です。

学び始めてみて、
コーチングとは、
生き方そのもだと感じました。

人とのかかわりを最適化する
コミュニケーションのあり方です。

ここは別のブログでアツく語ってますので参照ください。
コーチングコミュニケーションが世界を救う

そして、ここで知り合った
コーチング仲間の存在が大きかったです。

一線で活躍するビジネスパーソンと
一緒に学ぶ中で、
お互いに問いを立て、
答えていくことで、
自分の内面がどんどん
開発されていく感覚がありました。

そして、
コーチングの練習台になってくれる
職場の同僚や知り合いの経営者、
飲み屋の店員さんたちとのセッションの中で、
自分のコーチングの方向性や
あり方が定まっていきました。

なぜコーチングを仕事にしたか

コーチングを学び始めて1年半、
2021年の9月に、
電通を退社することを決意します。

コーチングをベースにした
新しい働き方、生き方をするためです。

学び始めた時は、
夢にも思っていなかった展開です。

この1年半って長いと思いますか?
短いと思いますか?

コーチングは問いを立てながら
対話するコミュニケーションです。

コーチングをしてくれる
コーチたちの問い、
また自らに立てていく
セルフコーチングの問い。

その問いが矢のようにビュンビュン
自分の心に刺さっていく中で、
新しい地平が見えてきます。

それは、
囚われや執着から解放されて、
真の自分らしさ、生き方、あり方、
まだ見えていない可能性を
模索する道です。

1年半、その矢を受け続けて、
自分の人生のゴールや目標が
塗り替えられていきました。

たどり着いた人生のミッションは、
コーチングコミュニケーションによって
「すべての人の可能性を最大化する」。

ここまでの過程は
楽しいだけではありませんでしたが、
自分にとっては愛おしくて尊い時間
だったことは間違いありません。

どんなきっかけで
人生が転がっていくかわからない。

でもそのきっかけがコーチングであれば、
その振れ幅と加速度は、
とても大きいものです。

ぜひあなたも一度体験してみてください。

and, the Trail continues.

一覧に戻る

Contact お問い合わせ

パーソナルコーチングトライアルセッション(5,500円)の
お申し込みはこちら

企業研修コーチについて、その他お問い合わせはこちら

photo by TAKAO JINBO