118 ビュー

Blog ブログ

息子の誕生日にコーチングをプレゼントしてみた話

こんにちは。
LifeTraverseチーフコーチの黒岩です。


家族にコーチングすると
どうなるのでしょうか?

一般的には嫌がられるので
あまりやるべきではない、
そもそも効かないと言われます。


本当にそうなのか?
今日は、
息子の誕生日にコーチングを
してみた話を書いてみます。

「どんな12歳になりたい?抱負をきかせて」。

普段は、
自分の感情を表現するのが苦手な息子。


人前でなにかの感想や意見を
求められると
にやにやするだけで
黙ってしまう
恥ずかしがりやの性格です。


誕生日に抱負をきくのは
毎年のことですが、
そろそろ年頃だし、
そうした父親との問答には
付き合ってくれないかなと思いつつ、
戸惑っている息子に

「正解はないからね。テストじゃないから。」

「時間かかってもいいから、考えてみて」

などとねばってみました。


すると、
しばらく考えたのち、
今回誕生プレゼントで
買ってあげた中古のスマホを手に取り、
なにやら打ち込み始めました。

LINEで送られてきたのは、

「頼られる先輩」

でした。


内容もさることながら、
息子が父親の投げかけに
真摯に付き合ってくれたことが
本当にうれしく、
また悩んだ末に
スマホを買ってあげてよかった
と心底思いました。
こんな副産物があるとは。

 「頼られる先輩」とは、
小学校の金管バンドでのことです。


息子の学校の金管バンドは
歴史も実績もあり、
毎日朝練と放課後練をするほど
力を入れています。

息子はそこで
トロンボーンを吹いています。

6年生からパートリーダーを
任せられており、
後輩の5年生と4年生に
指導する立場になりました。

 また息子の抱負が
Doingではなく、
Beingで描かれていることも
うれしかったです。

何をやるかではなく、
どんな存在でいたいか。

抽象的ですが、
とてもビジョナリーです。

そこで私は興味本位で
コーチングを試してみよう
と思いました。

家族にコーチングは効かないと
よくきくけれど、
息子が目標に近づくための
サポートをしてみようと思いました。

ちなみに、
息子にコーチングをするのは
はじめてです。

「へー、いい抱負だね。
誰か理想とする人はいるの?」


「うん。いま中学生になった先輩」


「いるんだね。
どうするとその先輩のようになれるかな」


「・・・・・・・・」


「その先輩が富士山の頂上、
つまり十合目にいるとすると、
君は今何合目かな」


「・・・・・6合目、かな」


「どうすると、
その四合分を登れる?」


すると、
しばらく考えたのち、
またスマホを持ち出して
打ち込み始めました。

言うのが恥ずかしい内容は、
LINEを使うようです。

「明るく接する」

「へええ、
明るく接するっていいよね。
他にはあるかな?」


ここからは、
隣に座っているのに
LINEでの返答がつづきます。

奇妙なコミュニケーションですが、
ちゃんと考えて答えてくれる息子が
愛おしく感じます。


「全体をみる」


「全体をみるね。
全体って具体的にはなんだっけ?」


「全部のパートをわかっていること」


「なるほどね。大事だよね。ほかには?」


「聞かれたことにすぐ答える。
わかりやすく教える」


「色々出てきたね。すごいじゃん」

最期は具体的な行動に落とし込んで、
促します。


「じゃあ、
その中で明日からでも
すぐにできることはなんだろう?」


「明るく接する」


「明るく接するって、具体的には?」


「会ったらこっちからあいさつする」

パチパチパチ。
こうして、
息子とのはじめての
コーチングを終えました。

このえも言われぬ達成感は、
なんでしょうか?

息子が考え、
返答してくれるまでの時間は、
私にとってもゴールデンタイムでした。

最後まで付き合ってくれた
息子に感謝です。

なんとなく、
息子も満足げな様子。

こうして文章にしてみて
気づきましたが、
どうして「頼られる先輩」になりたいのか。
「頼られる先輩」になると、
何を手にするのか、
大事なところをきき忘れていました。

とはいえ、
いきなりヘビーな質問をしても
息子に負担かなとも
思ってしまうのも正直なところです。

本人に同意なく
いきなりコーチングを始めてはいけない、
とも言われます。
だとすると、
このくらいで十分だと思いました。

誕生日に
コーチングをプレゼントしようとして、
逆に息子からギフトをもらったような
得した気分でした。

もちろん、
コーチとしてではなく、
父親としてですが。

and,The Trail continues.

一覧に戻る

Contact お問い合わせ

パーソナルコーチングトライアルセッション(5,500円)の
お申し込みはこちら

企業研修コーチについて、その他お問い合わせはこちら

photo by TAKAO JINBO