71 ビュー

Blog ブログ

リーダーシップとマネジメントの違いは?

こんにちは。
LifeTraverseチーフコーチの黒岩です。
ブログを読んでいただき
ありがとうございます。

リーダーシップとマネジメントの
違いって何でしょうか?

私も顧客企業の
コンサルティングや
研修ファシリテーションを
してるなかで、
よくこの言葉を混同して
使われる場面を目にします。

もちろん、
重なる意味もあるのですが、
今回はこの組織を成功に導くための
二つの柱について、
整理してみますね。

リーダーシップの役割

リーダーシップは、
未来を描き、それにむけた変化を
推進していく力です。

リーダーは、
ワクワクするような
ビジョンをかかげ、
新しい可能性を示し、
チームを鼓舞し、
目標に向かって
人々を導く役割を担います。

重要な点は、
リーダーシップは
特定の役割に
限定されないということです。

リーダーシップは
誰でも発揮できます。

スタンフォード大学の
リーダシップ論講座では、
まず最初に
「We are leaders.」
というフレーズを学ぶそうです。

立場やポジションに関係なく、
すべてのメンバーが
イノベーションを希求し、
組織の文化を担うことができる
ということを示してます。

マネジメントの重要性

一方、マネジメントは、
組織の目標を実現するために、ヒ
ト、モノ、カネなどのリソースを
適切に配置し、業務を効率的に
運営するプロセスです。

その中でもヒトの力を
最大化させることが
主なミッションになります。

計画、組織化、
フィードバックを通じて、
日々の業務が目標達成に向けて
効果的に進むように
管理していきます。

リーダーシップと異なり、
マネジメントは
組織のポジションや役割と
紐づいているため、
明確な責任と権限が伴います。

コミュニケーションの力

リーダーシップと
マネジメントの両方で、
ベースにあるのは
コミュニケーションの力です。

人を動かし
成果に結びつけるためには、
前提となる信頼感や
組織エンゲージメントを構築する
コミュニケーション力が重要です。

信頼されてない人が何を言っても、
まわりは聞く耳を持ちません。

何を言うか?
ではなく
誰が言うか?
がまず重要になるです。

コーチングコミュニケーションの役割

コミュニケーション力の中でも特に、
近年注目されてきているのが
コーチングコミュニケーションです。

部下やメンバーの話を
しっかりと聞き、
彼らの思考や気づきを引き出し、
積極的な行動を促すコーチングは、
信頼感が最重要の
リーダーにもマネージャーにも
必携品になってきていると
言えるでしょう。

結論

組織の成果は、
リーダーシップとマネジメントが
組み合わさることで
最大化されます。

リーダーシップによって
示された方向性とビジョンを、
効率的なマネジメントで
具体的な実行に移すことが、
組織の成功への鍵です。

このバランスを適切に保ち、
組織内の各人が
リーダーシップと
マネジメントの両方を理解し、
発揮することで、
短期でも中長期でも、
組織の成果を近づいていくはずです。

いかがでしょうか?

リーダーシップと
マネジメントの
根元の違いを示し、
組織運営における
それぞれの役割と
重要性について考えてみました。

コミュニケーションと
コーチングの力も借りながら、
だれがも思わず100%以上の力を
発揮できちゃう
組織運営をめざしたいですね。

and, the trail continues.

一覧に戻る

Contact お問い合わせ

パーソナルコーチングトライアルセッション(5,500円)の
お申し込みはこちら

企業研修コーチについて、その他お問い合わせはこちら

photo by TAKAO JINBO